ハンディーカムダイアリー

デジタルハイビジョンハンディーカム等を使用したレポートや日記です。
<< XDCAM−HDラインナップ | main | XDCAM−HDでナイタースキー撮影! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Inter BEE 2007
今年も早いもので、もうこの時期になってしまいました。
なんとか時間に都合をつけてInter BEE2007を覗いてきましたので
あぽにゃん的感想をふまえてお送りしましょう!

毎年この時期は気持ちの良い秋晴れに恵まれます。
さてさて、今回の目玉というと何といってもソニーにつきるでしょう!!
PMW−EX1、HVR−S270J、HVR−Z7J
そしてPDW−F335、PDW−700と新製品の展示が目白押しです!
ビデオカメラマニアのあぽにゃんは、小躍りしながらソニーブースへ向かうのでした。

まずはソニー初のメモリーカムコーダーであるPMW−EX1からみていきましょう。

まず、さわった感じはとにかく重いです・・・
ハンディーとして持った感じは持ちやすいとはとても言えませんでした。
ハンドルを持って撮影するのならありかな??といった感じです。
しかし、レンズまわりの操作性は非常に良くズームもアイリスも適度な重みがありPDW−F330Kに付属のAFレンズに比べると非常に扱いやすいと感じました。
さらに、フォーカスはリングを手前にスライドすることにより業務放送用レンズのそれと同じメカニカルに操作が可能となるのです。リングがぐるぐる回るタイプでは無いために感覚的にフォーカス合わせが可能になるのではないでしょうか?

肝心の画質はというと、すばらしいの一言です!!
まさにXDCAM−HDと同じ様に感じました。
ちなみにZ7Jの画質はやはりHDVの延長線上な感じがしましたが、EX1は一線を画すと言えるかもしれません。

そして、説明員の方に詳しくいろいろと興味深いお話を聞くことができました。
おそらく、あのワークショップで有名な「正ちゃん」という方だったと思います。

まず発売状況については・・・
1月くらいまでの予約は全て埋まっているために、今買おうと思ってもそれ以降となってしまうそうです。
生産台数は言えないそうですが、FX1はもとよりZ1Jを凌ぐ月産台数になるとか。

画質等については・・・
スペックだけ見るとHDCAMと全く遜色は無いとのこと。
ノイズもかなり少なく高画質である。
ダイナミックレンジは450%もあり、画像処理をするチップはPS3の半導体技術が使われているとのこと。
さらに、内部処理はRGB444で映像処理をしているため、XDCAM−HDより高画質であるとのこと。ただ、操作性は圧倒的にXDCAM−HDである。
(RGB444で出力することも技術的には可能だが、このクラスのカメラでそれはありえないとのこと)

設計はどこがしたの?・・・
Z7Jは品川の設計、EX1は厚木のHDCAMを造った部隊がよってたかって設計したそうです。数年間かけて極秘裏に開発した自信作らしいです。
ちなみに、XDCAM−HDは厚木設計だが、また違う部隊(HDCAMとは)がつくったものだとのこと。

実際、XDCAM−HDと画質比べてどうなの?・・・
35MbpsのフルHDの方が1440の35Mbpsに比べて良いらしいです。
理由は、この製品は新しいため画像処理の技術が違うとのこと。

CMOSの動体ひずみはあるの?・・・
動体ひずみに関しては、よっぽど早い動きのものでなければ出ないため、実用上問題になることは無いそうです。
ちなみに、フラッシュでの問題は無いはずとのこと。

総合すると・・・
Z7Jと比べると、メモリーの扱いずらさが問題でなければ絶対にEX1が良いとのことです。
ただし、重くてハンディーで撮影するのはありえないとのこと。無理だと言い切られました。

さてさて、次はPDW−F335、F355です

前のモデルであるF330と比べて、クリップの分割のところと、2層対応以外は全て同じとのことです。

あぽにゃんが注目していたローノイズモードを実演してもらいましたが、F330で若干気になっていたノイズが低減されるのが判り、かなり良さそうです。
ちなみに、感度を犠牲にしないモードと感度を犠牲にしてノイズを低減する2モード存在するとのことです。

そして、ここではCCDとCMOSとどちらが良いのか?といったところを質問してみました。
現時点でCCDは今まで使ってきた素子のため、技術的に扱いやすいとのことです。
ただ、CMOSもだいぶ使える様になってきているので、CCDを使う明確な利点はあまり無くなったとのことです。さらに、もう数年もすればこういったENGタイプもCMOSになるかもしれないといった話もされていました。

そして、こちらはEX1と並ぶ注目機種であるHVR−Z7Jです!

HVR−Z1Jの事実上の後継機種にあたるのではないでしょうか?
EX1はメモリーに対して、こちらは従来どおりテープに記録するHDVカメラです。
ただ、注目するべきはメモリーに記録するアダプターが同梱され、事実上メモリーカメラとして運用が可能な点が新しいと言えます。
さらに、このサイズのカメラでレンズ交換が可能という点も驚くべきことでしょう。

ちょっと触ってみた感じはズームリングはかなりスカスカな感じでしたが、フォーカスはEX1と同じくリングをスライドさせることによりフルマニュアルのメカニカル駆動が可能になるため、F330K付属のAFレンズより操作性は上と言えるでしょう。
さらに液晶も非常に綺麗で、個人的にデザインはEX1よりかっこいいと思います。

ちなみに、Z7Jの民生機版は発売されないとのことです。ちょっと残念。
そもそもレンズ交換式の需要が民生用には無いため、業務専用で開発したみたいです。

そして、こちらはZ7Jをそのまま肩載せ仕様にしたHVR−S270Jです。

Z7JとS270Jのレンズは同じ1/3インチ用ですが、Z7Jのレンズはグリップが手前に付いてるのでS270Jには取り付けることが出来ないそうです。
また、逆に通常のENGレンズをZ7Jに取り付けたときにもバランスはかなり悪くなるため三脚使用が前提となると思われます。

そしてそして、こちらはXDCAM−HDのフラッグシップモデルとなる
MPEG422記録が可能なPDW−700です。

デザインはF335をシャープにした感じでしょうか?
事実上のHDCAM後継機となるのかもしれません。

ちなみに、400万円ぐらいで発売され、画質はHDCAMを凌ぐとのことです。

今回はソニーの注目機種をみてきましたが、実用重視で行けばZ7Jで
画質重視で行くとEX1という選択肢になるのではないでしょうか?
今後も目が離せません!!

Produced by aponyan 猫

Sony Styleロゴ_234_60
| あぽにゃん | - | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:07 | - | - |









http://aponyan.jugem.jp/trackback/114
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


b-click

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

このページの先頭へ